性病・クラミジアについてこと

性病とは広義には淋病・クラミジア・カンジダからエイズやヘルペスまで、性的な接触によって感染する感染症全般を指すように使われていますが、正確には1945年性病予防法で定められた淋病(りんびょう)、梅毒(ばいどく)、軟性下疳(なんせいげかん)、鼠径リンパ腫(そけいりんぱしゅ)の4つの疾患をいいます。古くは性病を花柳病(かりゅうびょう)とも呼びました。感染経路は性的接触や輸血など医療行為、注射器の使いまわしによる血液感染です。感染部位は性器内部、性器周辺、口腔、喉などがあります。

クラミジアは細菌とウイルスの中間に分類されている微生物で、生きた細胞の中で増殖します。あらゆる性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)によって感染してしまうので、気づかないままパートナーへうつしてしまうことがあります。クラミジアに感染していると、HIV(エイズウイルス)など の他の性感染症にも感染しやすくなります。

クラミジアはどんな症状がでるの?

男性が主に感染するところは尿道です。 尿道炎や精巣上体炎(副睾丸炎)などの症状が出ます。

主な症状

  • ・尿道からの分泌物(うみ)
  • ・軽い排尿痛
  • ・尿道のかゆみや不快感
  • ・精巣上体の腫れ
  • ・軽い発熱や痛み

尿道からうみが出ることもありますが、さらさらしたものから粘りのあるものまで有り、量は少なめです。ただし、感染しても症状が出ないことが多く、治療せずに放っておくと、 前立腺炎 や 血精液症 (血精液症参照)になることもあります。

女性の場合は、子宮頸管 (子宮入口の管)へ感染し、子宮頸管炎をおこします。その後、腹腔内に進入し、骨盤内で様々な症状が出ます。

主な症状

  • ・おりものの増加
  • ・不正出血
  • ・下腹部の痛み
  • ・性交時の痛み

ただし、女性の半数以上が全く症状を感じないと言われており、感染したまま放っておくと卵管炎をおこし、子宮外妊娠や不妊症の原因にもなります。さらに上腹部へ感染が広がると肝周囲炎を引きおこします。

性病どんな症状がでるの?

病名をクリックすると性病の詳しい説明がご覧になれます。

HIV感染症/エイズは発熱、のどの痛み、だるさ、筋肉痛等インフルエンザのような症状の後です。

クラミジア感染症は下腹部に痛みや違和感、排尿痛や膿などがあります。

淋菌感染症はかゆみや尿道に痛み、おりものや膿がでるなどがあります。

梅毒は感染後は約3週間で、性器・肛門・口など感染した部分に、痛みの無い赤いシコリがあります。

性器カンジダ症はかゆみとおりもの、性交渉時の痛みなどがあります。

膣トリコモナス症は褐色でアワ状の悪臭を伴うおりものが増加したり、尿道から膿があります。

性器ヘルペスは排尿困難、歩行困難、発熱、頭痛、倦怠感や水疱性または潰瘍性病変が多発します。

尖圭コンジローマ(ヒトパピローマウィルス)はHPV(ヒトパピローマウイルス)ウイルスに感染し、イボとなる疾患です。

ケジラミ症は感染部の激しいかゆみがあります。

疥癬は激しいかゆみのある赤い発疹やしこりができ、感染率が大変高いです。

細菌性膣炎はおりものの量が増え、悪臭の強いおりもののが特徴です。

亀頭包皮炎は包茎の男性に多く発生。亀頭や包皮が赤く腫れ、痛みを感じる病気です。

外陰炎は大陰唇とその周囲に起こる炎症で主な症状はかゆみがあります。

軟性下疳は性器に豆粒程のコブができ、つぶれると強く痛むことがあります。

A型肝炎は発熱や倦怠感、、食欲不振、嘔気、嘔吐などがあります。

B型肝炎は黄疸(白目の部分も黄色くなる)、全身の倦怠感、食欲不振などがあります。

C型肝炎はB型に良く似ているが、急性肝炎になっても症状が比較的軽いです。

赤痢アメーバ症は下痢、粘血便(見た目がイチゴゼリーのような便)、排便時の下腹部痛があります。

以上はいろんな性病・クラミジアについての症状を紹介しました。もし、興味がある方、是非ご覧ください。

オススメサイト情報

シアリスは発売されてからずっと人気を集めている最強の勃起改善薬です。シアリス錠50mg、あるいはシアリス錠100mgの製造?販売をしておりません。