女性性病の予防方法

女性性病は非常に悩んでいる病気です。女性性病の予防もとても重要です。本文は女性性病の予防方法についてご紹介します。

行為前に定期的に検査を受け、行為中は必ずコンドームをつけて、行為の後には手洗いや入浴が必要です。少しでも体調に異変を感じたら、すぐに受診しましょう。

まずはセックスの前は排尿・排便を済ませ、シャワーを浴びて特に性器から肛門にかけてはきれいに洗いましょう。肛門付近の便に含まれる細菌が相手に口を介して感染することもありますので、清潔にすることは大切です。 また、セックスの後にも排尿してシャワーを浴びることは雑菌を洗い流すことにもなりお勧めです。

次は性病は自覚症状のない場合も多く、不特定多数とのセックスは感染の可能性が高くなります。また、不特定多数とのセックスは、感染した場合に感染相手を特定することが難しいので、再感染する可能性もあります。

現実的な女性性病の予防する方法としては、 まず不特定多数の人とセックスを行わないことです。接触する人数が多いほどその相手の人が性病に感染している確率が上がりますので、できるだけ特定の信頼できるパートナーと行うことが望ましいです。

そして実際の性行為においてはペニスの挿入前に確実にコンドームを使用することが大切です。最初はコンドームなしで、途中から使用するという方法では性病感染予防に関してはまったく意味がありません。

セックスパートナーの皮膚に異常がないかを確認することも効果的ですが、無症候での潜伏期間は皮膚に異常が出ないため発見が困難になります。