性器クラミジア感染症の予防方法について

性器クラミジア感染症は日本で感染者数が一番多いSTD(性病)です。日本におけるクラミジア感染者数は100万人以上といわれています。特に、10代後半から20代にかけて感染者が増加。一般の高校生を調査したところ、性経験者のうち、女性では13.1%、男性では6.7%が感染していたとの報告があります。

感染していても、症状を感じないことが多いのが特徴です。男性・女性ともに、感染しても症状を感じにくく、気づかないままパートナーへうつしてしまうことがあります。女性の場合、不妊症や子宮外妊娠の原因となります。

あらゆる性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)で感染します。

・性器クラミジア感染症はクラミジアトラコマティスという病原体により感染します。

・感染者との粘膜同士の接触や、精液、腟分泌液を介して感染します。

・オーラルセックスでは、咽頭(のど)へも感染します。

・クラミジアに感染していると、HIV(エイズウイルス)への感染が3~5倍になります。

・妊婦の方は、妊婦検診を受けることにより、出産時の母子感染を防ぐことができます。

STD(性感染症)の感染予防には、下記の方法以外はないといわれています。クラミジアは完治すれば再発することはありませんが、治療後にクラミジア感染者と性行為に及べば再感染してしまう可能性がある、ご注意しましょう!

1・セックスをしない

一番安全で確実なのは、セックスをしないことです。しかし、現実問題としてはノーセックスの実行は難しいですよね。

2・セックスの相手を限定する

「感染していない者同士のセックス」 では感染の可能性はありません。ただし、「現在のセックスパートナーがお互いのみであること」 と、「STD(性感染症)の検査を受けて、お互いが感染していないことを確認していること」が前提条件になります。

STD(性感染症)は自覚症状のない場合も多く、不特定多数とのセックスは感染の可能性が高くなります。また、不特定多数とのセックスは、感染した場合に感染相手を特定することが難しいので、再感染する可能性もあります。

3・コンドームを正しく使用する

コンドームの使用は、一番現実的で確実な感染予防方法ですが、コンドームで予防できないSTD(性感染症)もあるので100%確実ではありません。感染予防の為には、腟性交の時だけでなくオーラルセックス(口腔性交)やアナルセックス(肛門性交)の場合でも必ず使用して下さい。ただし、正しい方法で使用していないと感染する可能性があります。女性用コンドーム、オーラルセックス用コンドームも販売されています。

STD(性感染症)は特別な病気ではありません。誰でもなる可能性がある病気です。自分の健康、そして愛するパートナーのため。検査を受けてみませんか。