性病の予防情報について

性病は人々にとって非常に悩んでいる疾患です。ほんブログは性病の予防についてご紹介します。

性器、皮膚、口の中など、人の体には性病の原因になる様々な病原菌が付着しています。お互いに洗い落とし身体を清潔にしましょう。歯磨きをする場合は、口の中を傷つけないように注意して出血が無いようにして下さい。傷口からの感染や血液による感染の危険性があります。

相手の性器をしっかり自分の目と鼻で確認しましょう。性病の予防は男性の場合、尿道からの膿、性器のイボやブツブツ、尿道口の色が赤いなどの症状、女性の場合は、性器のイボやブツブツ、悪臭などの症状があれば性感染症の疑いがあります。陰毛周辺が痒そうで、頻繁にかいている場合や下着に膿やおりものが付着してゴアゴア状態になっている場合も注意が必要です。

尖圭コンジローマのように、病変が感染当初は小さい場合は、本人の自覚がないまま、病気を進行させてしまったり、他の人に感染させてしまう可能性があるので、早めに性病の予防することが重要です。

初めての相手とのセックスの場合などではお互いに緊張していると思いますが、 そのような場合にこそ「コンドームを使って」と自分から言えるかどうかがとても重要です。 その一言が自分が病気になるかならないかの境目だと言ってもいいのかもしれません。

ではコンドームを正しく最初から最後まで使っているから安心なのかというとそうではありません。 最近では喉に感染するクラミジアや淋病の感染が拡大しています。