男性性病の症状と検査について

本文は男性性病の症状と男性性病の検査について、ご紹介します。

以下は二つの男性性病の症状をまとめます。

クラミジアが主に感染するのは尿道で、男性性病の症状は以下のとおりです。 尿道からの分泌物、軽い排尿痛 、尿道のかゆみや不快感 、精巣上体の腫れ 、軽い発熱や痛み などです。ただし、感染しても症状が出ないことが多く、治療せずに放っておくと前立腺炎になることがあります。

淋病については、男性が尿道炎や精巣上体炎(副睾丸炎)などの男性性病の症状が出ます。主な症状は尿道からの分泌物、激しい痛みの排尿痛、尿道のかゆみや不快感、精巣上体の腫れです。

男性性病の検査は病院で検査してもらうというのは最もよく知られた方法でしょう。 病院へ行って性病の検査をしてほしいと告げれば検査をしてもらうことができます。

泌尿器科、産婦人科、小児科、皮膚科などで検査が可能です。 病院で性病の検査をしてもらうと、検査料の他に初診料や診察代がかかります。 症状がない段階での検査では保険の適用ができない場合が多いようです。

男性の性病検査キットを使った自宅での検査を選ぶ方も増えています。時間等の関係で病院に行くことが出来ない人にとっては、手間なく自宅で出来るのは大きなメリットと言えるでしょう。

また、まだ症状がでていない段階でとりあえず検査を受けたいといった場合も同様に女性は産婦人科、男性は泌尿器科で対応してもらうことができます。 大きな病院であれば性病科や総合窓口などもありますのでそちらで相談することもできます。