Monthly Archives: 11月 2016

性病、カンジダ予防・再発防止の対策

性病、カンジダは、一度なると繰り返しやすい病気です。完治しても、日頃から再発しないよう対策を心がけましょう。女性は体の構造上、膣の通気性が悪くなりがちなので、膣が蒸れないようにしてください。ナプキンやおりものシート、タンポンは小まめに変えましょう。ナプキンは布製のものが、比較的通気性がよいと言われています。

また、通気性の悪い服装(ガードル、ストッキングなど)は、特に汗をかく夏場は避けるようにしましょう。下着はコットン製のものが一般的に通気性がよいといわれています。

清潔に保つ

日々の入浴はもちろん、性交渉の後もシャワーを浴びるなどして正規を清潔に保ちましょう。
ただし、常在菌は石鹸の洗浄力で殺されてしまい、悪い菌に対する抵抗力がなくなってしまうと考えられているので「洗いすぎ」には気を付ける必要があります。

デリケートゾーン専用の石鹸も販売されているので、気になる方はそちらを試してみるのもおすすめです。その場合でも、膣の中を石鹸で洗うのはやめましょう。

砂糖、炭水化物の摂り過ぎに注意する
糖質や炭水化物は性病、カンジダのエサとなると言われているので、摂り過ぎないようにしましょう。
まったく摂ってはいけないというわけではないので、あらゆる栄養素をバランス良く摂ることを心がけて、免疫力の低下を防いでください。

カンジダによく似た性病症状の病気の例

性病カンジダ菌との接触

わずかではありますが、カンジダ菌を持った人との性交で感染することがあるとされています。カンジダを発症している場合、逆に相手にうつしてしまい、性病症状が落ち着いてもカンジダを互いにうつし合う可能性もあります。

男性は、性交後すぐに菌を洗い流せば、感染することは少ないといわれています。
ホルモンバランスの乱れ(月経前、妊娠中、ピルの服用 など)

女性の場合、月経前、妊娠中、ピルの服用など、ホルモンバランスが乱れると、膣の自浄作用が低下し、カンジダ菌が増えやすくなると言われています。

カンジダによく似た症状の病気の例
〈女性〉

・膣トリコモナス
症状:外陰部に痒みが出るといわれています。また、強いにおいがあり、黄色みがかった、泡状、もしくは粘り気のあるおりものが出るのが特徴とされています。

・琳(りん)菌性膣炎
症状:粘り気とにおいのあるおりものが出て、排尿時に痛みを感じるとされています。進行してくると、下腹部に痛みが生じることもあります。

・細菌性膣症
症状:やや水気が多く、黄色みがかったおりものが出ます。魚のような生臭いにおいがするのが特徴とされています。

・性器ヘルペス
症状:外陰部や、膣の入り口に赤い発疹や、水ぶくれができ、排尿時に痛みがあるといわれています。
〈男性〉

・トリコモナス

症状:性器のかゆみがあり、尿道から膿が出ると言われています。カンジダと似た症状ですが、男性は比較的なりにくい病気ではあります。

・性器ヘルペス
症状:亀頭や包皮、おしりなどに、赤い発疹や水ぶくれができるといわれています。

・淋病
症状:性器のかゆみや、排尿時の強い痛みなどがあるといわれています。

・性器クラミジア
症状:性器のかゆみや、尿道からの膿、排尿時の痛みなどがあるといわれています。